ハナザカリの동방신기東方神起

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

味スタ・・・ブルーからのレッドオーシャン

今帰ってきました。
疲労感ハンパないですが、記憶が消えないうちにレポしたいです。

とにかく東方神起は、別格でした。
流れとしては・・・


夕方になり、やや薄暗くなったところで、「湘南乃風」が登場。
湘南の盛り上がりがこれがすごかった。
盛り上げ上手で、会場めちゃくちゃ盛り上がった。
今年のエイネ、ちょっと「あれ?」な感じでしたが、湘南ががっつりやってくれた感じ。
私こういうノリはマジで好きなので、ライブちょっと行ってみたいと思った。

ついで、本音いえば、SJ→湘南→三代目→トンだろ、って思ったよ。流れは。

日本のフェスで韓国語の歌とトークはぶっちゃけ異質であったし、シューティングアクトのアフスクユニットも
挨拶を日本語でやっていたのだから、なぜここで韓国語?と思わずにいられなかった。
今回私はエイネは4度目の参加だけれど、韓国語の歌とトークは違和感だった。
これはKPOPの合同イベじゃないはず。
でも今回初のエイネで、ものすごく盛り上がってました。

SJからの流れで次三代目。
ここでリセットがかかり、なにか三代目と三代目ファンには申し訳ない流れになった感は否めなかった。
でも三代目はMFで共演してたし、エリーさんに思わず親近感が。
「やっぱり脱ぐんだな・・」と上半身脱ぎまくりなのを確認しました(笑)


そしてトンへ!!
会場ブルーから、序々に赤ファンラが着き始め会場7~8割くらい赤くなった。
そして、自発的に沸く、「東方神起」コール。
私鳥肌立ちました。
トンコールは自発的に3回くらい起きたと思う。

BUTからのカウントダウンがはじまり、ステージにユノが現れたときのあの会場のどよめきっていうのか、
もう、ショックっていうのか、衝撃っていうのか、もう、あの数秒間は・・・なんだろう。
ライトだけじゃない、もうユノが真っ白くやっぱり輝いていて、そして髪をカットしたでしょう。
だからいつものユノじゃない、え?なになに???みたいな感じで、ええええええ????
何ユノええええええええええ??????ちょっとちょっとヤバすぎるんですけどTTTTTTTTTTT

(そうそう。思い出した事追記ですが、ユノがあまりに別人のようで一瞬戸惑った。色気が物凄くて、
 一瞬、メイクしてるのかと思ったくらいで。あ、あれはユノだユノなんだってびっくりした。
 周りのユノペンみんな絶叫してました)




・・・・・って言ってる間にMUXIMAMが始まりました。



なんか動揺しすぎて、掛け声もし忘れ、最初あまりそろってなかったね(苦笑)
多分ユノの髪型ショックだと思います。
でね、今回改めてびっくりしたのが、バラードだね。
STILLとDuetをショートバージョンで歌ったんだけど、TONEツアーのときからまた上達してる。
時ヲ止メテも聴きたかったなぁと思わずにいられなかった。

で、ユノ長居ではカメラ目線多しのレポがあったけど、味スタはあまり多くなかった気がします。
そしてカメラに抜かれるのも多くなかった気がする。
でも、抜かれた時の会場の反応が凄かったね。
悲鳴ともため息とも絶叫ともつかないような(苦笑)、とにかく、「キャーーー!!!!」」じゃないんです。
もう、「・・・・ははははあああああああ・・・・」なの。
そして何故かBUGの股間押さえるダンスのところはユノの股間ポイントをドアップに抜くし(笑)

ちょっと前後しますが・・・
androidですが、「目指している次の場所に・・・」のユノの振り付け部分で、会場がまた悲鳴。

共通のユノ絶叫ポイントがあるね。

STLの最後の四股ふみでは、ユノ、会場静かになったと思ったら、軽く「・・・OH!」と言い(笑)、
チャンミンと四股踏んで暴れてました。
最後の花火まで会場でみたのは初めてかな?
ユノが挨拶で、「エイネの主役は会場の皆さんです」と言ってましたね。
そして、チャンミンと手をつなぎ、花火が上がってもじっと頭を下げていました・・・




エイネとトン、トンとエイネ。
作ってきたものが違いすぎるぜ。
やっぱり東方神起、最高!!!


そして私の夏が終わった・・
明日から仕事だぁ・・・・・・



そうそう。
飛田給駅までの道のりで、倖田組のデコ車が、オラオラって感じに通って行きました。
ヘッドライナー制になり、アユとトン、両日別れた今回のエイネだけど、・・・
やっぱりTRFやELT、倖田姐さんらのいない味スタはちょっと物足りなかったなぁ。
来年はどうなるんだろう。KPOP祭り化していくのだけはやめて欲しいなぁ・・・
スポンサーサイト

| a-nation12' | 09:47 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さて味スタ

味スタ行ってきます!

本当はやめっかなぁとか思ってたんだけど、長居のトンみたらね。

いかずばなるまいでしょ。

長女はインタンシップでずっと不在なんで、次女と行ってきます。

こいつも来年受験なんで、まあ、一緒に行くのは今年で最後かなぁ。

さっきMUXIMAMとWhyの掛け声をおさらいしました。

ペンラ8本は電池装着OK!

今回チケット譲ってくださった方、本当にありがとうございましたぁ。

しっかりレポします。

最後にSMTのユノで。

wwwdotuporg3333520.jpg

| TVXQ | 00:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

築きあげたもの

韓国で絶大な人気を誇っていたトン達が日本に来て、無名さにショック受けて、何もかも1から初めて・・

途中本当にいろんなことがあって・・・

沢山のファンの心をはなさず、尚沢山の新しいファンの心を掴んでいる。

それは、彼らの謙虚な態度、努力する姿勢、そして、日本語を理解しているってことだと思います。

もちろんパフォーマンスやらルックスやらはもう、当然のことであって。

言葉を理解するってことは、その国を理解するってことだよね。

(言葉を理解し、国を理解するって事はおのずと今のトンの姿勢につながるのではないでしょうか?)

日本に来て日本のスタッフと仕事をし、ファンと触れ合ううちに、本当に色んな物を彼らのなかで感じ、

学んでいったと思います。

(それは日本で仕事をするって事の「空気」であって。事務所より彼らが一番知ってるかもしれないね)

雑誌やTVインタビューで語る彼らの言葉は、どこまでも素直で、どこまでも自然体です。

ダウンタウンのツッコミも、あんなに自然に受け答えできる、こんな韓あーいるでしょうか?

先陣きってBoA、そしてトン、・・・

丁寧に丁寧に、築きあげてきたもの。

頼むから壊さないで欲しい、と願う。ただ!!



私はふと思った。

こんなことでトンの作り上げたものは壊れない。壊されてたまるかと。

トンの築きあげたものはそーんなにヤワじゃぁない。

| 雑記 | 00:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MISSHAサイン会

帰ってきてお風呂はいる前に、どんなだったかチョット覗いてみたら・・・・

2obrw11111111.jpg

なんなのこれ(T_T)
ユノかっこよすぎるでしょTTTTT



ワタシはこの、中途半端な首にかかったロンゲのユノってのがもう、・・・


さいっこーーに好きなんです。

顔も痩せてますますシャープになってきたし、
身体も物凄い絞っている。

6集カムバックはまだですか?のカシちゃんの質問に、
「今準備中だから待ってて」の嬉しい回答・・・

あああ嬉しすぎるTTT
このユノの尋常じゃない大人の色気に、6集カムバに対する期待が高まってくるわ。

しかし。
636945207.jpg

ユノ・・・・
なんか、なんか、なんかさぁああああああ

これ以上夢中にさせんなよぉぉぉTTTT

| TVXQ | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MF 歌うように踊るユノ

MFで三代目とのやり取りが面白かったですね~
ユノがELLYさんのパフォーマンスを興味津々に見てる顔つきがなんとも面白かったし、
チャンミンが肩を震わせて笑っているのがなんともおかしかった。

・・・なんかああいう空気っていうのが自然だなって思った。

わたしゃね、やっぱりああいう馴染んだ『空気感』は、トンが何年もかかって創り出したものだと思うんですよ。
スタジオの人も、そして司会者さんも、十分にトンを知り尽くして、もうお客様じゃないんですよね。
ゲストの人もトンを知っている。

トンの財産は何かって言えば、もちろん人気やファンもだけれど、日活の際のこんな馴染んだ自然な『空気』も
無形重要的な財産として真っ先に上げられるよなーって思った。
トンみたいな空気を作り、尚且つ受け入れられる。まあ、トンだからこそ出来ることじゃないでしょうか。
韓国で色々書かれても、こういう時間と地道な活動が作った動かしがたい事実は誤魔化しようがないですよね。

wwwdotuporg3298486.jpg
ANDROIDな二人。

ところで、ユノがELLYさんから得意なダンスは?と質問うけてましたよね。
ダンス得意な三代目から注目受けてるのかぁ、と嬉しい流れであったんですが、ユノの回答がこれまた
『得意なダンスはない。歌うように感情を込めるのがコツと思ってるから・・・』

ダンスって色んな種類がありますよね。
これ、と決まった分野が得意なのではなくて、ハニバニやANDROIDやSTLやWhy・・・いろんな歌にあわせてダンスの表情を変えることができるってことなんだよね、きっと。
ユノにとって踊るってことはさ、そういう事なんだ。
1つの型や、音楽や、自分の好きな系統に固まってるものじゃない。
身体を自由に動かして、身体が歌うように、ダンスをするんだよね。

ユンボアのダンスをみてからの、この回答だったから、思わず、「ああ!」と声がでました。
最近のユノのダンスみてると、キレも凄いけど、ダンスに表情を出して、今までの自分のダンスからもっとレベルを上げようとしてるように見えるよ。
これがカムバに繋がっていくのかなぁ・・・
チャンミンが、アリーナでレコーディングのことに触れていたけど、これは日韓どちらの事なのか・・・

とにかくとにかく!
楽しみです。

       wwwdotuporg3298399.jpg
       wwwdotuporg3298395.jpg
       最後はやっぱり美しいユノで。
       ライトがまるでユノ自身から発してるようで・・・

| ユノ | 23:26 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。