ハナザカリの동방신기東方神起

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

・・・・・一体なんのつもりなんだろう

なんだかなぁ・・・


今日のミューバンだけど、youtubeで見てびっくりしてしまった。
あれ?これって、ユノいなくてももしかしていい?
ちょっと曲とダンスの構成変えれば、チャンミン一人でも歌える?と思ってしまった。

サビの部分はワントーン高くなって、以降ずっとチャンミンの声しか聞こえない。

分かれたときのユノのダンスも、チャンミン側が人数が多くユノ側はダンサー2人と少ないのですが、
ライブのときはそんなに気にならなかったんですね。
でも、TVだともう、ユノ側があまりに目だなすぎで、びっくりしました。

確かにユノが兵役前で、チャンミン一人でも活動できるように・・・とSMが色々
下地作りをしてるんだろうなって事は分かるさ。

でも、こんな露骨なのあんまりじゃないですか?
そもそもこんな偏った演出を見てて、ファンが楽しく感じるでしょうか?
一般の人がどう思うのか?

私は正直いって、もう、後続曲はこのミューバンだけで見る気は無くなりました。
ユノの写真があまりに可愛いから買ったリパケだけど、どうでもいいという感じです。
もうね、怒りっていうより、ガッカリして悲しくなったよ。・・・

ユノペンはカシオペアだってビギだって、ユノが兵役後ユノが帰ってくる場所を守るため、
チャンミンの東方を支えるのではないでしょうか?
それを行く前からこんなおかしなやり方をして、ファンを嫌な気持ちにさせて、SMは何を考えてるんだろう?
何も考えていないのか東方神起なんか最早どうでもいいのか・・・

前からね、ホントに気になっていたんです。
細かいことは沢山。
あげていったらキリがなくて、もしかしたらこんな風に考える自分がおかしいかもしれないと思って
ブログは中断していた。

こんな風に書いたってなにも解決しないのは分かってるよ。
でももう、書かずにいられなかった。

ユノは何を思うんだろう・・・
スポンサーサイト

| 雑記 | 23:14 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CATCH ME  ソウルコンに行ってきました

久々の更新です。

『Catch Me ワールドツアーin ソウル』に行ってきました。
ビギツアーではなく、17、18日両日チケットを取り、今回単独で訪韓。
友人がみんないけなかったという事もあるんですが、東方神起の単独コン、どうしてもソウルで見たくて、一人でソウルに渡りました。
17日はスタンド席、18日はスタンディングでした。


会場の盛り上がり、もうハンパ無かったです。
17日のスタンドは座っていたので、割りに冷静に見る感じでしたが、次の日のスタンディングは!!
会場で待ち合わせた友人からユノのスローガンを受け取り、Aブロックの花道最前をゲットしました。

正直、レポしようと思ったんだけど、記憶があいまいなのね。
興奮し過ぎて、肝心なところがぼやけてるんだよね。


ライサンからゲラウェイ、ウェのソロダンスで、ユノが片手倒立したところでもうありえないくらいの興奮。
ゲラウェイの辺り、興奮しすぎて正直なんか覚えてない位。
そしてソロダンスの後にHey! Don't Bring Me Down・・・これがもう、最高にやばかった。
もう、大好きな曲だしね。2人が掴みあってにらみあったりする所では、会場絶叫だったよ。
最後にユノが腰を振るんだけど、もうそれが最高にエロカッコよかった。
そこからのO正反合だもの、しかも韓国語。


ここまでで怒涛の流れ。
はあ、もうホントに凄かったです。


それでね、まあTONEと違うところは、2人して本当に良く喋っていたところ。
1日目なんかかなり喋っていたんじゃないかな。
20分くらいは喋ってたかな。とにかくユノが喋る喋る(笑)チャンミンも喋る喋る。
ところどころ拾える単語やら言葉尻やら、周りのカシちゃんの反応で何となく意味を判断、もしくはノリだよね。
ユノたちが楽しそうならなんだか見てるだけで笑っちゃうしさ。
ホント、韓国語で喋る2人は楽しそうだったよ(当然か)


そして韓国語のハニバニ。
本場ハニバニは、サラに艶っぽくなっていた。
あのシースルーのシャツにデニムっていうさり気無い普段着セクシースタイルって本当にズルイ。
ヨジャダンサー出てくるけれど、それほど絡まず。
むしろ、ユノ自身がそれだけでセクシーな存在なんですよ。
しかし、1日目にヨジャが出てきてユノと絡んだ時の、会場のどよめきというか、絶叫?悲鳴?もう凄かった。
声が波紋になってうわあああんと押し寄せるような感じでした(笑)
ろうそくに火つけてステージに並べたら、みんなの悲鳴で消えるんじゃないかと思ったくらい(笑)


でも2日目、記憶ないってことは私も絶叫してたわけですねそうですね。

2日目ユノはフリーダムで、スタンドトロッコに乗るときに、観客席を駆け上がってました。
なのでもみくちゃになり大変なことに!
新曲を2曲(だっけ)やったんだけど、チャンミンのダンスを「ちゃんみーな!」って煽る曲のユノと、ヘタレ気味に踊るチャミの対比が面白い。そしてこの曲のユノのダンスがめちゃ可愛い!!
そうそう、ラスト辺りでウキウキシェイクなダンスもやってましたよ!

ライブは5集6集中心かと思いきや、過去曲もかなりやってびっくり。
パボをやったときなど、後ろのカシちゃん達は5人時代の曲は分からないっぽかった。
でも2人のワールドツアーなのだから、もっと5、6集メインでやって欲しかったと思う。
そして演出で言えば・・・

やはり、TONEの焼き直し感が否めず。
そして両日通して舞台のトラブルも多く、細かいところを見ていくと突っ込みどころは満載。
様々な演出の全てが浅く、統一感がなく、「やれそうな事を全部やった」みたいな感じ。
シンプルに歌とダンスパフォーマンスに絞り、洗練していく方向に何故SMは目を向けないのかと不思議に思ってしまう。韓国らしい、バッタ感な雰囲気は私は好きなんです。でもマネはマネでしかない。韓国でしかやれない事をやって欲しいなと思うんですよね・・・


そんなケチをつけても、やっぱりね。
ユノは手の中に隠した宝石みたいに輝いて、漏れ出す光とオーラはどうしようも無い。
Aブロックということで、チャミペンが多かった。チャンミンが何度も着て、周りは大絶叫。

そしてユノが黒のウエスト締まった衣装で花道中央に来たとき・・・
マジで目の前でした。

手が届きそう。
顎にポツっとある吹き出物まではっきり見えた。
ありえない近さでした。
その時の私の身体にかかった重圧!!!!!
凄かったです!!!!そして「ゆのーーー!!!!」「ゆのおっぱーーー!!!」「ちょんゆのやーーー!!!」ともう凄い大絶叫が。ってか何だこのユノペンの狂い様は??
っつうか私それまで相当身体きつかったんですが、身体がすうーーっと軽くなってました。
私まだ3,4時間くらいいけるわ、とマジで思った。
アドレナリンかなり放出されたんでしょう(爆)
でも両膝を前の金網にぶつけ青たんできてたのと、もう体中が筋肉痛でした。
あとユノが来た瞬間に振り回したペンラも、中身が飛んでいってなくなってました(爆)
・・・ユノって取り扱い危険だわ・・・



でね・・・・
帰国してレポしようとつべをチラっと見たら・・・
なんなの、この胸がかきむしられるような気持ちは?
もうユノに会いたくて仕方ない。
つべ見たいのに、見てると苦しくなってくるんですよ。
・・・なんなんだよ一体。


ユノがサラサラの髪で、顔をほてらせながら笑っていたあの笑顔、
前髪をしきりに手で直している仕草、
ピンクのヒョウ柄衣装のチャライユノ、
ゲラウェイで演奏がとまった時に、何事も無かったように「またやりましょう!」と再開したユノ。
全てに油がのって、人間として男として、アーティストとして、最高にカッコイイユノ。

もうね、ソウル行ったらしばらく大人しくしようって思ったんですよ。
お金も結構使ってるしね。
でもさ・・・ダメだ。

なんなのなんなのこのユノって男は・・・・!!!!!



ブログは中断してましたが、
ユノへの愛は中断どころか重症に陥る一方ですからよろしくです。



| TVXQ | 01:05 | comments:14 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。