ハナザカリの동방신기東方神起

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソウルコン行ってきました

【東方神起SPECIAL LIVE TOUR - T1ST0RY - in SEOUL】に行ってきました。
ケチミから約2年ぶり、ライブで渡韓するのも3度目になります。

正直言って最近はトンおろかユノからもかなり遠ざかっていて、ネットでもチェックは全くしてない状態。
今回は韓国が初の友人からの誘いでライブに同行することになりました。

5日に韓国入り。
ガイドさんが「今年一番の冷え込みです」と言っていたが、本当に身を切る寒さだった。
仁川空港から外に出た途端、
「さ、、、、さむっっ!!!!!」
と叫んでしまいました。夕食に海鮮鍋とビールで乾杯し、明日への英気を養います。


当日オリンピック体操競技場にたどりつく。
ああ、この感じ。変わらないな~・・・・無骨な競技場にトンの大きな垂れ幕が見えてきて、自然と早足になる。
ton_convert_20141210224314.jpg

「おお~~!ユノぉぉぉぉ~~~!!!!久しぶりに会えた」

なんだかねぇ(笑)
なんだかんだ小理屈言ってもイザ心の旦那を目の前にしちゃうともう、全てぶっ飛ぶ訳ですわ。
ソウルのこんな寒い季節に会場に集まっているファンも同様の気持ちだと思ってます。
そしてね、東方神起、やっぱり強いとつくづく思ったよ。
トンから一旦離れてしまうとトンの話って全く聞かなくなるんですよ。本当に活動してんのかな?ってくらいに。
でも日本ツアーのチケットは未だ入手困難で、韓国までこれだけのファンが押しよせるんですから・・・

今回は6日だけの参加で、場所はスタンディングDブース。
中国ペンが多く、戦いつつ前を陣取り、花かごを持ったユノが花を投げたとき、ものすごい取り合いになりました(笑)
もう、殺し合いになる勢いで、私はもう脱落してしまったんですが、前の中国ペン3人が命かけても離さない勢いで奪い合っており、すごかったです。ユノはやっぱり危険ですわ。
戦うのと叫ぶので、正直中身をあまり覚えてないっていう、お前何しに行ったんだ状態なんですが、・・

しかし、手を伸ばせばユノに届きそうな近さまでユノが何度かきた。
ユノの顔の汗まではっきり見えた。
目の前でヨジャと絡んで踊った。
(近くのユノペンは感激のあまり号泣してました)
もうなんなの、ユノってば、もう、ああ、ユノはやっぱり輝いてる、あのファンミで間近で見たときと同じだ。
ライトのせいじゃない。
ユノ自体が発光してる、光り輝いてると、もうただそればかりだった。

髪型は黒でシンプルなアレンジなし。
それが今のユノを象徴しているような気がしました。
かえって若々しく、過去曲を歌ったときにメガネで出てきたんだけど、それが本当に似合って可愛らしくて。
そして上着を脱ぐとあの逞しい二の腕と分厚い胸板。
最初に上着を脱いだときに、周りのユノペン、ため息ついてどよめいてました。

ソロでは腹筋を鍛えたチャミがセクシー爆発路線になり、ベットにヨジャを追い詰めるという(笑)暴挙に。
近くにいたチャミペンさんがソロのときに理性を保てなくなり、確保した場所を放棄してセンターに走っていったのがおかしかった。そりゃー狂うわなぁ、あれは。

ユノソロはがっつり硬派なダンス曲で、ちょっと変わった曲調だった。
後から知ったのですが、これはユノの自作の曲だったのね!とっても面白い曲調です。
これ、もっとじっくり聞きたいなぁ。
やっぱりねぇ、1日では足りないですね。1日は予習、2日目は復習しないと。

ただ、今回のソウルツアーですが、全体の印象として、すごくまとまっていたステージだったと思います。
ケチミのときは正直トラブルが多く、ステージの作りもぶっちゃけ日本ツアーの二番煎じ感が否めず、しかも真似具合がお粗末だったのです。今回はステージは極力シンプルで、ダンスがメインのステージ。衣装もとてもよかった。
なかなか洗練されたステージだったと思います。

過去曲を歌ったとき、2人の歌唱力がとっても鍛えられているなと実感しました。
チャンミンが少年のときのキーでそのまま歌えていたこと、また、ユノの声がよく出ていて、もっともっと聞きたいと思った。
My Little PrincessやTonight等歌ったんだけど、もうこの辺りは何百回って聞いてる曲。
昔の曲をカバーしたアルバムを出してくれないかなぁ・・・・
この辺りは微妙なんだろうかね。

2人になり、歌もダンスも、それぞれが切磋琢磨しあい、本当に最高の形になったと思う。
ああ、だからファンがますます増え続けているんだなと実感しました。
そしてやっぱり私は誰が何を言おうと、ずっとユノを愛しつづけるとソウルで誓いました。

日本でのツアーは大阪にオーラス含め3日間参加する予定です。
ユノ愛を叫びすぎ、まだ喉はオカマバーのママみたいになってます。
スポンサーサイト

| LIVE(海外) | 23:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。