ハナザカリの동방신기東方神起

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【日経エンタメ】 未来の東方神起

日経エンタメ、本当に記事が充実していて、よかった。
そしてね、これを読むことで、彼らの「未来」に対するビジョンもわかり、
「また会えるんだ」ってしみじみ実感できました。

ユノが「15周年」に対して語ってるのが嬉しかったなぁ。
ファン投票でのベストアルバムとそのライブ!!
最高過ぎだわ・・・・

ドリカムが「ドリカムワンダーランド」ってライブをやってるんだけど、それも確かファン投票でのベスト曲で
ライブするんだよね。物凄い盛り上がるそうで、日産でそれをやってくれたら最高だわ…
このインタビューが福岡公演1日目終了後だそうで、それを思うと、
オーラスでの2人の涙は、別れの悲しさではなく、

「ありがとう」

の感謝だったんだなと改めて思います。

「東方神起は人生の羅針盤」って言ってますよね。
この言葉、とっても重いよね。
私はこの2人で「本当に良かったな」とつくづく思う。
どうしても私ら5人時代からのペンは、当時の事を振り返らずにいられません。
東方神起って船には激しい嵐も訪れたけれど、今は穏やかな海と、暖かな日差しに包まれてる。
そしてその舵を見守ってきた私たちも、胸に暖かな幸せな気持ちが満ちている。

なんだろう、東方神起ってホントに素晴らしいよなぁ・・・・

ユノが当時の曲を聴くことで自分自身が癒されたって話してますよね。
私、実は5人時代の曲、何か辛くて聴けなかった。
特に「君好き(別名どうだろう)」は聴こうなんてすら思わなかった。
でも彼らがちゃんと過去を受け止めて、過去を認め、だからこその新しい形があるんですよね。
「15周年」のアルバム、ライブで、是非過去曲、韓国曲も含め、やってほしい。
2人からペンになった人も多いでしょう。
韓国の1集から、日本デビューから、たくさんの曲に新しい命を吹き込んでほしい。
きっとやってくれるはず。
いい曲いっぱいあるんです!もうね、聴きたいんだよーーー!!!!
今の東方神起で!
今から楽しみでなりません。

そしてね、私は個人的に、
「ありのまま」って言葉が沁みました。
彼らがたくさんの人に受け入れられ、支えられるのは、「ありのまま」だから。
私自分自身も振り返って、「ありのままの自分」でいることって大事だよな・・・と感じてます。
自分の弱さやかっこ悪いところをさらけ出す、それは「弱さ」じゃなくて、「強さ」だよね。
自分を肯定して、周りを信じているからこそできることなんだ。

ああ、人生についても教えられるよ、東方神起に。

そしてね、「運」って言葉も何度もでてくるよね。
謙虚だよなぁ・・・
でもその「運」を呼び込む力、助けや支え、これらは彼らの人間性、努力あるからこそだと思うのよ。
私たちの「ずっと応援したい」って気持ち。これは運じゃないよ、ユノ。

今回この「日経エンタメ」で、彼らの考え、思いが物凄く伝わった。
そして、2人の関係ってものが、私らの考える以上に深く、本当の兄弟のようなものなんだって。
互いの違う性質が融合して、今の東方神起を創り上げてる。
彼らの年齢的な成熟を合わせて、東方神起、何か想像つかないところに行けるかもって気がする。
日本での単独ライブはお休みだよって言ってるのに、何だろうね、このわくわく感。
未来の新しいけれど「ずっと変わらない」東方神起に会えるのが今から楽しみでならないよ。

でね、最後ですが。

P62「大改革させた今年のライブ」ってところでの、ユノの
足りない部分もあったと思う。
 
うちらの問題で。

日経を次女と二人で読んでいて、
「うちら~~~!!!うちら~~~!!!JKかよ女子かよ!!!」
って夜中に大爆笑してしまいました(笑)
今回のライブでもなぜかオネエ言葉が多かったユノに改めて萌です(笑)
関連記事

| ユノ | 09:18 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/05/11 00:27 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lovejiro.blog37.fc2.com/tb.php/1067-1034a00d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。