ハナザカリの동방신기東方神起

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ユノとチャンミンの声

某所で彼らのインタビューの翻訳が沢山あがってました。とても読みやすい、
いい訳なのでアップしたいと思います。
*************************************************
<TVデイリー>
【日本進出をひかえた後輩たちへ向けて】
チャンミン「自分たちが簡単にアドバイスできる立場なのか疑問だが、韓国でも日本のマーケットも決して甘くない。個人的な意見としては、一瞬の単発的な活動には反対だ。韓国のイメージにマイナスになる可能性がある。だから日本に進出する後輩たちが国家代表という気持ちでプライドを持ち、その国の文化を学びながら根を下ろしてちゃんとやるなら応援したい。」

【Whyがディス曲と騒がれることを】
ユノ「発売前に判っていたのではないかと言う人がいる。もしもそうならば今よりも否定的な歌詞が出るべきだと思う。ディス曲と解釈されるのは、そういうふうに受け取る人がいるからではないか。そういう意図ではないからそういう解釈をされることについては気にしない。(解釈を巡る騒ぎは)自分たちに関心を持ってくれるということだからありがたいと思っている。」

【ジュンスツイッターについて】
ユノ「彼のツイを見たとき、ひと言だけで表現したかった。”彼は失敗しているんじゃないだろうか”と思った。状況がどうであれ、自分たちがいた会社の上司先輩と一緒に過ごした人たちに敵という表現は道理ではない。 」
(チャンミンの意見もほぼ同じ)
ユノ「(”ヒョン”について)自分のことかどうか判らないが、ぱっと見て自分のことのような気がする。とりあえず彼の話にはさして正しいものは無い。彼にも立場があるだろうからクールにスルーすることもできるだろうが一緒にやってきた人たちと先生を敵と表現するのはちょっと違うと思う。
(この件について)世間やファンに申し訳ない。それからSMファミリーにも申し訳ない。時が経てばみんな判ることで、まずは㌧がこれ以上傷つくことは望まない」

【パラダイス牧場について】
チャンミン「初めて挑戦する演技から多くのことを学んだ、という一次的な答えよりは自分自身を省みることができる機会だったのではないかと思う。7年のあいだずっとグループとして活動しつつ団体生活を送った。演技とは自分がその役割を表現しなければならないものだが団体生活は感情を表現するには辛い部分だ。自分にとって今回の演技への挑戦は自分自身に堂々としていられるようになったという自信になった。すばらしい時間だが、つらいことが多い作業だった。一生忘れられない思い出が作れた」

【3人へ伝えたい事】
ユノ「前にも同じことを言ったことがある。そのときと自分は同じだ。彼らに”早く戻って来い。自分たちの場所に戻って来い”と伝えたい」「はっきり言うなら、3人が出て行ったのは5人の仲が悪いからではない。みんな知っていることだが、音楽というものは、知っている者同士が一緒に音楽をやっていくうちに変わった価値観がある。その部分においてはそれぞれの役目だと思う。彼らに”それぞれよく考えろ”と言いたい。それ以外のことについては隅々まで話をしたくない。それから何よりも"健康でいろ"と伝えたい」「あえて言うならば”戻って来い”しか無いと思う。自分たちが3人をつかまえられるラインは越えた。あまりにも遠くに行ってしまった状態だ。会社との問題を早く解決して元に戻ってきてほしい」

チャンミン「すでにマスコミでも話題になってお互いに攻防戦ならぬ攻防戦がやりとりされている状態だ。以前の5人での活動をどう思っているのか気になっている人が多いようだ。あの頃の大切で美しくて大変だった時間があるから同じ場所に自分とユノヒョンがいてその場を守っているのだ。そんな思い出があったから存在している。その思い出を否定すればユノヒョンが、自分がここにいることを否定することになる。現在に至らせてくれた時間だ」
この件が第三者の立場から見れば見苦しいのは自分たちも判っている。だが、自分たちは大切だった思い出さえも汚されることは望まない」



<イーデイリー>
【カムバック初日にヨンジンが来たことについて】
ユノ「ご存知のとおりユ・ヨンジン理事が現場に来ることはほとんどありません。それだけ僕らの初ステージに愛情を注いでくれました。最初の放送が終わった後、ダンスの動作の細かい部分も指摘してくれてフォーメーションのような部分にもアドバイスをくれました。僕らのそばにいてくださることだけでも大きな力になりました。心強かったです」

チャンミン「ユノはもともとパフォーマンスに強い人だから自分が少しでもマイナス要因になりたくありませんでした。引けをとりたくなかった(?)っていうか」

ユノ「僕は逆に歌に強いイメージは無かったですよね。だから(チャンミンと)一緒にやってみるとプレッシャーにもなったし一生懸命頑張って補って歌唱力を認められたかったんです。」

【この1~2年で親しくなったのでは?という質問に】
チャンミン「別に変わったことはありませんよ。二人は性格が正反対だからぶつかる部分も多かったし、憎たらしいことも多かったです。同じ人間だし、長いこと一緒に過ごせば最初は共感するところもできるし親しくもなるけど、もっと親しくなると欠点も一つずつ見えてくるじゃないですか。僕ら二人とは関係ない話ですけど、それで夫婦喧嘩もするんじゃないかと思いましたね」
「家で水を飲むときに(ペットボトルに)口をつけて飲むとか、時間が迫ってるのに部屋に何かを忘れてきて靴を履いたまま部屋に入るとか僕の価値観では理解するのが本当に難しいんですよね」
ユノ「(チャンミンは)まるで奥さんみたい」

チャンミン「僕は静的、ユノは動的です。スケジュールがないときに僕はひきこもりみたいに家で過ごして、ユノはパソコンをやったり運動をします。(ユノは)元々ボーリングが好きで、地元の友達とよくボーリングに行くんですよ。僕はなじめません。ああいううるさい雰囲気が」

【待っていたファンへ】
チャンミン「長く待たせたぶん申し訳ないです。”あいつら二人は頑張ってないな”とがっかりさせないために今回の活動は本当に全力で頑張るつもりです。見守ってくださいね」

【3人の脱退事件について】
チャンミン「すごく心が痛みました。人から受けた痛みです」
ユノ「とても傷つきました。リーダーだったので、メンバーの脱退にショックが大きかったような気がします。以前に”ボンド入りジュース事件”があったときも本当によく立ち直ったんですよ。でも今回もあのときくらい辛いですね」

ユノ「ぐうぜん道で6歳の子に出会ったことがありました。一番好きな歌手は誰かと訊いたら、少女時代、SHINeeを挙げるんですよ。ひょっとして、と思って”僕が誰か判る?”と訊いたら知らないと言いました。そのとき”東方神起はこんなふうに忘れられていくのか””活動しなきゃダメだ”と決心しました。二人であっても東方神起を守らなくちゃいけないと考えました」

【事件後の変化について】
ユノ「基本的にポジティブなんですが、さらにポジティブになりました。休止期間中に芸能人としての生活から抜け出して地下鉄にも乗ったし山にも登ったし、今まで出来なかったことを沢山やってみました。道端でトッポッキを思い切り食べてみましたよ。そういうささやかな経験を通じて気づいたこともあります。いま経験しているこの苦しみが後で薬になるかもしれない...今後もっと辛いことが起こっても打ち勝てるという固い意志みたいなものが生まれたとでも言いましょうか」

【3人との連絡について】
ユノ「連絡はとらずにいます。マスコミにはJYJのメンバーが”連絡をしたけど僕らが拒否した”と言ったみたいですけど正直、そのメンバーから連絡が来たことはありません。この部分は強調しておきたいです。まず彼らが脱退した後、ケータイの番号をみんな変えたんですよ。それで僕らが連絡をとるのが難しかったんです。連絡が来たこともないですし。とにかく真実は当事者のほうがよく知っているはずです


<newsis>
ユノ・ユンホは去る7日、KBS 2TV「ミュージックバンク」を通じてカムバックの初舞台を終えた後、こみ上げるものがあった。
「ファンが思ったよりずっとたくさん来てくれたから」だ。

【カムバックにあたって】
ユノ「自分は今まで歌で目立つことができなかったので歌に力を入れた」
チャンミン「自分はダンスで強烈な印象を与えるメンバーではなかったが今回はダンスでも全然劣らない姿を見せたかった」
ユノ「チャンミンはふだんあまりやらないラップ、自分はふだん使わない高音をたくさん使った。それぞれ元々担当していたパートをお互いに替える等変化をいろいろ試してみた」


<10asia>
【騒動中の心境】
ユノ「(前略・非常に傷ついたが)誰かに自分の話を聞いてくれというのは大人気ない行動だと思う。誰かを恨むというよりも、自分自身に腹が立ち、とても辛かった。恨んでいる時間すら無かった」


<スポーツソウル>
【火山ツイにSMメンバーが反撃した件に続いて】
ユノ・ユンホは「言いたいことはありますが黙っていた」と言った。
その理由は「やたら話せば"自分の顔にツバを吐く"ことになり、東方神起のブランドバリューが下がるだけ」ということだ。代わりにアーティストとしてステージでより素晴らしいパフォーマンスを見せるほうが大人らしい対処のような気がすると言った。”二人なのにどうして東方神起といえるのか”という一般のファンの視線もわかっているという。だが「東方神起は自分たちをつくったSM、メンバー、ファンが一体となってできあがったもの」とし、「二人がチームを組むことも東方神起をつくったSMで東方神起を守るため」だと述べた。

【5人がもう一度一緒になる可能性を問うと】
「3人のメンバーがSMと問題を解決するのが先行課題」と言った。チェガン・チャンミンは「自分たち二人との不和があって三人が(SMを)出たわけではない。従って、再結成するためには会社と先に解決すべき問題がある」と言った。”10年後にメンバーと再会するなら?”という質問にユノ・ユンホは「ちょっと懲らしめないとね。一発げんこで殴ってやるだろうけどきっと抱きしめてやるような気がする。早く行くべき道を少し遠回りしただけだと話すだろう」と言った。

*************************************************

どうですか?
私は、なんだか2人とも・・・・大人になったな、と思いました。
2人とも本当に沢山のバッシングをうけ、そしてこれからどうしたらいいのだろうと考え悩み苦しみ、・・・
カムバックがあるんだよね。

なんて大きくて・・・・なんて広いんだろう・・・・。
関連記事

| TVXQ | 00:40 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

らぶ次郎さん、この記事を上げて下さり本当にありがとうございました。
もう涙なくしては読めませんでした。
今まで何にも言わずにひたすら堪えて、努力し続けてきた2人を思うと涙が溢れます。
ありがとう!全力で守ってくれて!
ありがとう!戻ってきてくれて!

2人をこれからも力の限り応援します!

SMタウンは外れですが、行かれる皆さん、どうか熱い愛情と声援をお願いします。
一部ではアンチの人が悪口ボードを持って乗り込む噂もありますが、どうか阻止してして下さい!
最後にらぶ次郎さん、ありがとうございました。今までの胸のつかえや迷いがスッキリしました。

| ホンミ | 2011/01/14 05:51 | URL |

No title

らぶ次郎さん、オレンマニダ~~~~~~♪♪

インタビューの内容、ホントに分かりやすくて…
정말 감사합니다 ~~~~~!!!
ユノの最後の答えに泣きました…。
一発げんこして、そして…思いっきり抱きしめるなんて…
ユノ自身、たくさん傷ついただろうに…こんな答えを言ってくれるのは、やっぱりユノだからですよね…。ㅠ ㅠ
周りがどう騒ぎたてようと、一まわりも二まわりも成長した2人は絶対ブレないってわかりました。
これからも、ずっとずっと2人を応援して行けます!!

……だから…どうしてもSMTOWNで生ホミン見たかったのに~~~~~~!!><。
見事にハズレました。(笑) まぁ、仕方ないですよね。行きたいって思ったのは、トンペンだけじゃなかったですからね~!!
次のチャンスを大人しく待ちたいと思います…。

| きょんず | 2011/01/14 12:20 | URL |

やっと、今・・

らぶ次郎さん あんにょん。
早速の更新とわかりやすい訳文 ありがとうございます。
長い辛い沈黙を破り やっと今 ユノとチャンミンが 東方神起として 口を開きましたね。
あらゆる記事(訳がまちまで ニュアンスがかなり違うので)を全部読み漁りました。
そこには 私が信じてた通りの2人の言葉があったし、予想をはるかに超える時間と試練が沢山あったにもかかわらず、当初の公式声明から何一つ変わる事もぶれる事もなく、なお一層成長した2人の言葉がありました。
そして、こんなことはユノやチャミの耳に入らないといい・・と私が思っていた現実さえも 2人は全て周知で それでも ただ黙って耐えてきたと知りました。
ユノが 誤解されても批判されても傷ついて倒れそうになっても どうしても守りたかったもの それは自分じゃなく 愛する東方神起なんだと知り、また泣いてしまいました。
そして チャンミンも同じだったんだと。
今にして思えば パラ牧の放送開始といい SMT東京開催といい 偶然ではなく必然なんだと。
そして、2人の意志を尊重してくれるSME関係者に2人が感謝するのは当然のことなんだと。
この2人の「想い」だけは 2人の意志の通りに歪められることなく 全ての人に伝わることを心から願っています。
これからも この愛すべきユノとチャンミンの東方神起を ずっとずっと応援していきます。

| asayuno | 2011/01/14 15:17 | URL | ≫ EDIT

ほんとに、やっとです

らぶ☆さん あんにょん

ほんとに ほんとにやっと もう大丈夫なんだと思える日が来ました
二人 どんなにか辛くて苦しい毎日なんだろうって思って日々過ごしてました
でも インタビューで笑ってるユノ 皆の前で踊ってるユノ 二人でハーモニーを奏でるユノ 全部 現実なんですね

アルバム ほんとに素敵です 人間の奥深さが こんなにも歌に出るなんて思ってもみませんでした
神様は 試練も与えたけど 素敵なプレゼントもくれましたね 歌もほんとに上手くなったよ f^_^;

二人が魂で歌ってくれる歌が大好きで愛しいです
真っすぐなユノが愛しいです

二人に精一杯の愛を‥‥‥

| コスモス | 2011/01/14 19:54 | URL |

No title

らぶ次郎さん
記事をありがとうございます!

読みながら、涙が止まりませんでした。
今までどれだけ傷ついて耐えてきたであろうユノとチャンミンなのに・・・

こんなコメントができる二人を
改めて、一人の人間として尊敬します。
今までの試練がこんなにも人を成長させるのですね。

二人が愛する東方神起を私もずっと応援して行きます!





| makina | 2011/01/14 21:07 | URL |

No title

らぶ次郎さま、こんばんは
大人になったとこじゃないですよ
育った環境と性質ですかね
私も親として考えさせられます
2人のままであろうが五人になろうが
ユノが選んだ道を応援したいと思います

| ゆうの | 2011/01/15 00:28 | URL | ≫ EDIT

感動

読みやすい訳をアップして下さってありがとうございます!!
もう泣きそうです…。

改めてホミンを好きになりました。

| カヨリーヌ | 2011/01/15 12:44 | URL |

No title

らぶ次郎さん 翻訳アップありがとうございました。
まとめて読めたので嬉しかったです。

涙なくしては読めませんね。
歌もダンスもビジュアルも最高の2人。
しかもこの素晴らしい人間性。
本当に尊敬できます。大好き。

| ミグメ | 2011/01/15 16:08 | URL |

ありがとう
ございました

二人の本当の
言葉を聞けて
よかった

時間わかかる
かもしれないけれど

また皆で笑って
歌を歌ってダンス
をしている姿を
見れることを
願います

長い記事
お疲れさま
でした

本当に
ありがとう
ございました

| | 2011/04/15 18:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lovejiro.blog37.fc2.com/tb.php/880-08fcdcd8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。